安全対策について

Safety measure

安全対策とその対応

  1. 民泊や味覚体験での食事においては、アレルギー等を事前に調査の上、有無のご連絡をお願いしています。
  2. 緊急連絡網を作成し、インストラクターに周知徹底しています。また、応急措置や救急車の手配、関係者の連絡・相談などの対応マニュアルを作成し、指導しています。
  3. 安全管理には最大限の対策と指導を行っていますが、万が一の場合に備え、傷害保険や賠償責任保険に加入しています。しかし安全管理には自己責任も伴います。
  4. すべての水上体験においては、参加者全員にライフベストをご着用いただきます。
  5. 民泊受入家庭には、食事、入浴、トイレ、寝具等に関わる衛生面に留意するよう指導しています。特に食中毒等の健康被害防止のため、衛星管理基準を作成し、周知徹底しています。
  6. 民泊受入家庭の火災等の予防には万全を期すべく、ガス、ガソリン、灯油等の危険物の管理に怠りなきよう指導しています。
  7. 体験場所や平時の危険個所、災害時の危険をチェックしています。

体験プログラム民泊に係わる保険内容

項目 保険金額対人
傷害死亡後遺障害 1名 300万円
傷害入院保険日額 1名 3,000円
傷害通院保険日額 1名 1,500円
賠償責任保険金 1事故 3,000万円限度
民泊生産物賠償責任保険 10,000万円
施設賠償責任保険 10,000万円

緊急連絡体制

※万が一事故が起こってしまっても、迅速に対応いたします。

学校様(ご担当の先生)・旅行会社(ご担当の添乗員)・ながとふるさと体験受入協議会(事務局 一社長門市観光コンベンション協会 TEL:0837-27-0074)・各受入地区(インストラクター及びスタッフ)が連絡・相談・指示を行い、公共機関(管轄消防署・管轄警察署・仙崎海上保安部)や救急指定病院(長門総合病院・岡田病院・斉木病院・長門市応急診療所)に連絡を行います。